【サッカー】新年は天皇杯から!

あけましておめでとうございます。


さて、1月1日と言えばサッカー天皇杯。
今年は鹿島アントラーズと清水エスパルスの対戦でした。


結果は2-1でアントラーズが勝利!
今年のACL出場権を手に入れました。
内容を見ると妥当な結果だったかなと感じました。
MF本山選手のような切り札となる選手をベンチに置いておけるのはうらやましい。。


今回注目していた選手は鹿島のFW興梠選手。
今年FWの軸マルキーニョス選手の退団が決まっているので、
常勝鹿島の得点源としての期待と共に、前線でボールを納める役目も期待されています。


前半はFWのポスト役は相棒の大迫選手が担っていた印象でしたが、
やはりマルキーニョスと比べると今日の2トップは物足りなかった。
日本のトップチームとしてはパンチ力が足りないなぁ・・・
強い鹿島を期待している私としてはちょっと物足りなかったです。
これからの補強で良い外国人を取れるのか?楽しみに待ちたいと思います。


一方、清水は長谷川監督の退任が決まっており、
選手もかなり入れ替えるとのことでこのチームは今日で見納め。
タイトルは獲れなかったものの、良い成績は出ていた中での大改革で個人的には驚きでした。


今日も残念ながら敗れてしまいましたが、
チーム再編後いきなりACLというのも難しい気がしたので
新しいチーム作りにじっくり取り組んでもらえればと思います。


2011年最初のゲームは、両チームに若干の疲れは見えましたが、
コンパクトにまとまった良いサッカーだったと思います。
今年はアジアカップもすぐにありますし、
アルビレックスも大黒柱だったマルシオが抜けるシーズンとなります。
一年間楽しみながらサッカー観戦したいと思います。


からさわ