私事

「幸せは人と人の間にある」雪出版でやりたいこと

人生の嬉しさのひとつに、
「誰かと一緒になにかをすること」があります。

高度に発達した社会は
便利で安全で快適になり
誰もがお金さえあれば
何にも縛られず
自由に生きられるようになりました。

しかし、私たちは
その社会を支えるために
生活の大半の時間を割いています。
その一方、
自分の暮らしのために使う時間
誰かと一緒に暮らしをつくる機会は
少なくなってきているように感じます。

本当はもっと「自分の暮らしを楽しくする」ために
時間を使っても良いのではないでしょうか?
その方が自然なのではないでしょうか?

自分の暮らしを買うのではなく、自分でつくっていく。
その中で、前向きに誰かと関わっていく。
与えられた暮らしでなく
「自分で生きよう」とすることで
気づくことがあり、
出会う人がいます。

そして、一緒に暮らしをつくっていく。

顔も知らない誰かのための仕事ではなく
自分たちのために行動する
そんな仲間との関係の中にこそ
幸せがあるのではないでしょうか。

雪出版は
「のうどう的な暮らし」を
一緒に楽しむ仲間を増やします。

2016年7月23日

田んぼ手伝い始めました。

新潟市西蒲区福井で、ヘイケボタルを増やすため、休耕田を復活させました。

地域で、蛍が舞う矢垂川の保全活動などをしている「矢垂くらぶ」の皆さんの活動に今年からまきどき村も参加させていただいています。
続きを読む

雑誌を作りたい

2012年にマーケティング会社を退職してから、ふらふら一人で仕事をしたり、人と仕事をしたりしてきた。何となく「ライター/編集者」という職業カテゴリに落ち着き、そして2015年4月からはNPO法人の正職員として働きながら、ライター/編集者の仕事も続けている。

続きを読む

「偉そうだね」って言われて30年

若者会議で、改めて年齢を聞かれ30歳だと答えるとすごく驚かれた。「30なのに、そんなに偉そうなの?」と市の人に言われたんだけど、自分でもそうだよなぁと思っている。そう言えば新卒で入ったコンサル会社でも、「お前は大前研一(コンサルタントの権威)じゃないんだぞ」とよく怒られていた。

続きを読む

暮らしに「つくる」を取り入れる。できないことを許す寛容さを大切にしたい

この週末は随分ゆっくりと過ごした。海に山にお出かけ三昧。仕事を放り出してだったけど、リラックスができた。

日曜日は旧下田村をドライブしていて、スノーピークにも寄った。私はスノーピークの「人生に野遊びを」というキャッチコピーが大好き。好き過ぎて逆に悔しいくらいで、これに匹敵するような自分の言葉を見つけたいと日々考えている。

続きを読む

2016年にやりたいこと

ちょっと後ろ向きだった昨年の振り返り。本当はもっと気合に満ち溢れているよということを伝えたく2016年にやりたいことを適当につらつらと書いてみる。

続きを読む